キット以外に用意するもの

  • 木工用ボンド
  • マスキングテープ(あれば仮止め用にご用意ください)
  • 塗装道具
  • 紙やすり(#240位でこすった後、#400~#800で仕上げ)
  • 楊枝
  • ピンバイス(100円ショップとかでも売っています)等、楊枝サイズの穴を開けるもの。
  • 朱肉かスタンプ台

※まず一度、マスキングテープやセロテープで仮組をすることをお勧めします。

貼る方向等を間違えると後々飾りを貼る隙間がなくなったりしますので、一度組み立てて仮止めして問題ないか確認後ボンドで貼り付けるようお願いします。
※先に色を塗る場合は、突起部分にペンキを塗ると差し込みがきつくなり入らない場合があります。
突起部分や差し込み穴には塗らないよう気を付けて塗装してください。
※塗装をきれいに塗りたい場合はボンドのはみ出た部分はすぐに水拭きでふき取り、紙やすり等できれいにするとさらに仕上げがきれいになります。

1.キットのパーツがすべてあるか確認してください。そのあとキットの裏のマスキングテープを外してください。
2.付属の棚板受けの小さい四角いパーツを鉛筆で線を引いてある所に貼り付けてください。
この小さいパーツは棚板を受ける為の物です。皆様が貼るときに参考になるように鉛筆でサッと引いているので、気になる場合は消しゴムで消して下さい。棚受けパーツは左右6か所に貼り付けてください。
一番下になる部分は扉がある為奥側に貼り付けてください。
※側面の欠けている方が上部になります。
3.左右の側面を背面に接着してください。

※この時背面の向きに気を付けてください。穴が開いている位置が6箇所ありますが、穴の位置が上に寄っているほうが上部です。1のパーツの画像をよく見て貼り付けてください。

4.次に上下固定板と棚飾りを貼ります。棚板飾りは、欠けているところに丁度ぴったりはまるようにカットしてありますのではめて接着してください。
5.棚板を差し込んで貼ります。上2段へ穴が開いていない棚板を貼ります。
6.穴が開いた棚板に、扉止めを差し込んで貼ります。その後、その棚板も背面に貼りたいところですが、ココでは貼らずに差し込んでおくだけにしてください。
7.さてココからがちょっと難易度が上がりますが、焦らずゆっくり進めましょう。万が一失敗してもパーツ交換サポートシステムがあります!ですので怖がらず進めましょう。まず扉が開閉出来るようにピンバイスで穴を開けましょう。端の上下に穴を開けます。大体ですが、端から5mmくらいのあたりに開けますが、開けすぎると割れるので気をつけてください。
8.次に楊枝をカッターやミニのこぎり等でカットして開けた穴に接着します。これも塩梅になりますが、楊枝の先端部分から5㎜くらい先をカットして、そこから6,7mm位カットして使います。楊枝はカットする前にある程度やすりでやすって細くしておいた方が入りやすいです。まずはボンドで接着していい感じだったら、そのまま使用で。たまにボリッと行っちゃう方がいますがその場合は楊枝だけ作り直して、100円ショップで売っているような瞬間接着剤で割れた部分と楊枝をガッツリ接着することでリカバリできる事もあるのでお試し下さい。それでも壊れちゃったら、交換サポートをご利用ください。
9.扉の楊枝部分に朱肉をチョンチョンとつけて、先ほどの接着しなかった、扉留がついた棚板に穴を開けるためにシルシをつけます。下側も上下固定板を接着はまだしないで差し込んでいる状態で、ぴったりになるようシルシを付けます。

10.棚板に開けた穴と、上下固定板に開けた穴に扉を差し込んで開閉がうまくいったらOKです。もう片方も同じように作りましょう。両方問題ないようでしたら、棚板と上下固定板を接着して、乾かないうちに、扉を差し込んで少し開けた状態で乾燥しましょう。(取手を付けていないので閉めて乾燥させると開けられなくなってしまうので♪)

11.最後に、底板、天板、取手を付けて完成です。取手だけ色を変える場合は棚をすべてニス等塗ってから後で貼りつけてください。

写真の書棚は、オイルステイン(カラー:チーク)を刷毛で塗った後に、スプレー式のニス(カラー:マホガニー)でさーっとスプレーしました。なぜか写真の棚は天板と底板がついていませんでした(汗)