キット以外に用意するもの

  • 木工用ボンド
  • マスキングテープ(あれば仮止め用にご用意ください)
  • 塗装道具(アイアン塗料、天板用のニスやオイルステイン)
  • 紙やすり(#240位でこすった後、#400~#800で仕上げ)
  • ソファークッション用の布
  • ソファークッション用の綿もしくはドミット芯もしくはクッキングペーパー

※まず一度、マスキングテープやセロテープで仮組をすることをお勧めします。
貼る方向等を間違えると後々飾りを貼る隙間がなくなったりしますので、一度組み立てて仮止めして問題ないか確認後ボンドで貼り付けるようお願いします。
※先に色を塗る場合は、突起部分にペンキを塗ると差し込みがきつくなり入らない場合があります。
突起部分や差し込み穴には塗らないよう気を付けて塗装してください。
※塗装をきれいに塗りたい場合はボンドのはみ出た部分はすぐに水拭きでふき取り、紙やすり等できれいにするとさらに仕上げがきれいになります。
※アイアン塗料は塗ると分厚くなるのであとから天板や、底板をニス等を塗って入れようとすると入らなくなる場合がります。その場合、端をやすりで削り、ニスを塗って入れなおすか、もしくはアイアンに塗装段階で底板等をニスで塗って先に入れてからマスキングで保護してから塗るという方法もあります。

1.キットのパーツがすべてあるか確認してください。そのあとキットの裏のマスキングテープを外してください。

2.側面フレームを2枚1組に貼り合せます。この時ずらして貼ると、組み立てられなくなるのでぴったり重ねて貼るように注意してください。
次に支え足2枚も貼りつけておいてください。ぴったりと貼るようにしてください。

3.貼り合せた2枚の側面フレームが左右の足となります。側面フレームに背面フレームを差し込んで貼ります。この時背面フレームの向きを待ちえないようにお願いします。
背面フレームの上側は角にカーブがあるほうです。下側は角が丸くなっておらず直角になっています。
※ボンドを塗る前に全体をマスキングテープ等で仮組して問題ないか確認する事をお勧めします。

4.次に座面フレームも差し込んで貼り付けます。※この時も座面フレームの向きに気を付けてください。
座面向かって手前側がカーブされている方です。置く側は角が丸くなっておらず直角になっています。

5.支え足を座面フレームに差し込んで接着します。支え足の向きも置く側と手前を間違えないようお願いします。差し込んで手前側が飛び出るようですと反対です。左右の突起部分から端までの距離が短いほうが正面手前側になります。

最後に肘置きの板も入っていますので、お好みでニスやアイルステインを塗って、ボンドで貼ってください。

サービス品として座面のクッション用の発泡芯が入っております。(発泡芯はサービス品ですので補償対象外です。)クッションの作り方参考はこちら。