キット以外に用意するもの

  • 木工用ボンド
  • マスキングテープ(あれば仮止め用にご用意ください)
  • 塗装道具
  • 紙やすり(#240位でこすった後、#400~#800で仕上げ)

※まず一度、マスキングテープやセロテープで仮組をすることをお勧めします。
貼る方向等を間違えると後々飾りを貼る隙間がなくなったりしますので、一度組み立てて仮止めして問題ないか確認後ボンドで貼り付けるようお願いします。
※先に色を塗る場合は、突起部分にペンキを塗ると差し込みがきつくなり入らない場合があります。
突起部分や差し込み穴には塗らないよう気を付けて塗装してください。
※塗装をきれいに塗りたい場合はボンドのはみ出た部分はすぐに水拭きでふき取り、紙やすり等できれいにするとさらに仕上げがきれいになります。

1.キットのパーツがすべてあるか確認してください。そのあとキットの裏のマスキングテープを外してください。
2.足1をボンドを塗って土台板の左右の穴に差し込みます。(真ん中の穴は後程本体を差し込みます)

3.次に足2をボンドを塗って足1と土台板に貼り合せます。飾りが彫っているほうが正面です。1/6キットは、1/12キットと違い、正面側の場所が決まっています。左1枚目の写真のように、穴が1つだけ他の穴より離れている側が正面です。こちらに飾り彫りが入った足2を貼ってください。反対側に彫りがないほうの足2を貼ってください。これで土台の完成です。
4.次に棚の側面に棚板を貼りつけます。この時に張り付ける向きに注意してください。側面部の凹凸があるほうが背面に張り付ける部分です。凹凸が無いほうが正面です。
側面部の1つだけ突起がある部分は下側にして後程土台に差し込む部分です。
棚板の奥行きが短いほうを背面側にして貼ります(1/12キットは反対なので十分注意してください)。間違えると棚飾りが最後に貼れなくなるので注意してください。
左画像を良くご確認ください。棚板の差し込み部分の突起の左右の長さが違います。少しだけ短い方側を背面側に貼り付けます。よくご確認の上貼りつけてください。

5.次に先ほど貼りつけた側面と棚板を背面板に貼り付けます。これで本体の完成です。
6.本体と土台を貼り付けます。本体の下部分が左右1つだけ突起になっているので、土台の真ん中の穴に差し込みます。差し込み時に土台の正面を確認してから貼り付けてください。(※飾り彫りをしている足2側が正面です。)
7.棚板正面に棚板飾りを貼りつけます。次に正面手前側に正面飾りを貼りつけます。
8.飾りを貼ったら本体上部にボンドを塗り、天板を貼ります。凹凸があるほうが背面側に貼ります。しっかり乾いてから天板突起部にボンドを塗り、天板飾りを貼ります。これで出来上がりです