キット以外に用意するもの

  • 木工用ボンド
  • マスキングテープ(あれば仮止め用にご用意ください)
  • 塗装道具
  • 紙やすり(#240位でこすった後、#400~#800で仕上げ)

※まず一度、マスキングテープやセロテープで仮組をすることをお勧めします。

貼る方向等を間違えると後々飾りを貼る隙間がなくなったりしますので、一度組み立てて仮止めして問題ないか確認後ボンドで貼り付けるようお願いします。
※先に色を塗る場合は、突起部分にペンキを塗ると差し込みがきつくなり入らない場合があります。
突起部分や差し込み穴には塗らないよう気を付けて塗装してください。
※塗装をきれいに塗りたい場合はボンドのはみ出た部分はすぐに水拭きでふき取り、紙やすり等できれいにするとさらに仕上げがきれいになります。

※ベッドの製作は非常に簡単です。ですが、貼り付けの順番を間違えると入らなくなります。必ず以下の製作順を厳守してから進めてください。

1.キットのパーツがすべてあるか確認してください。そのあとキットの裏のマスキングテープを外してください。
2.底板と側面板をボンドで接着して組み立てます。
3.底板と側面板の接着がまだ乾かないうちに、足板内側(丸い穴が上にあいているほう)をマットレス受けの穴に差し込み貼り付けます。
4.差し込んだ足板内側にボンドを塗ってさらにもう1枚の足板外側を差し込み張り合わせてください。
同様に枕板側も同じ順序で張り合わせてください。(枕板内側を先に入れて接着し枕板外側を更に接着してください)
2枚の板を密着接着するために乾くまで、洗濯ばさみ等で挟んでおくことをおススメします。

先に板を2枚張り合わせないのは、張り合わせる部分が広いので、先に張り合わせてから差し込むとマットレス受けの差し込み部分と合わなくなり入らなくなる可能性が高いので、絶対に上記の順序で貼るようにして下さい。
万が一、先回りして間違えて貼ってしまった場合は、張り合わせ部分を水につけてゆっくりはがすと折れずにとれるのでトライしてください。
その後しっかり拭いてから適当に放置すると曲がってしまうので、重しなどで曲がらないようにして乾かしてから貼ってください。

5.次に側面天蓋板を枕板。足板上部に差し込み接着してください。反対側も接着してください。
6.側面天蓋板に天蓋筋を接着してください。
7.その後、支え足2枚を貼り合せてベッドの底板中心に差し込んで接着してください。支え足も綺麗に貼り合せないと入らなくなるので、完全に乾いていないうちに差し込んで接着してください。

7.お好みで飾り板を貼りつけてご使用ください。色を変えたい場合は別塗りをしてから貼り付けてください。